« 2008年1月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

伊勢志摩めぐり

今日は一日中、三重県は伊勢志摩地方の英虞湾の海岸線を走ってましたよ。
いやあ、暑かった。天気が良かったので海女さんの活動を見れるかなと
近鉄特急で飛ばして?行ってきたのですが、ついた頃にはお昼に近く、
陸に引き上げる時間になってしまってました。さらには今日は波が
あるとかで(私の目にはわかりませんでしたが)、漁自体も出てないんじゃ
ないかってことで、空振りに終わってしまいました。海女さんの漁をしている
姿を写真に収めたかったのですが、泊まりがけで張らないとつらそうですね。
しょうがないのでおかげ横丁で本店の赤福を買って帰ってきました。
(いや他にもいろいろしては来ましたよ・・<某お方)
おかげ横丁には今回始めていったのですが、なかなか良い雰囲気ですね。
これならまた誰かと一緒に来たくなります。

リンク: 伊勢志摩キャンペーン「美し国、まいろう。伊勢・鳥羽・志摩」.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回全国選抜長良川中日花火大会

昨日は中日花火大会でした。
毎年7月の最後の土曜日に長良川で開催される花火大会で、近隣の県からも
大勢の見物客が訪れます。近所の堤防道路も昼過ぎにはいろいろな府県ナンバーの車で埋ってます。

昨日はJR岐阜駅のとこにある図書館に用があったので、昼頃駅に行ってみると、
浴衣を着た人たちが行き交う、夏祭りっぽい雰囲気になっていました。
いいなあこの雰囲気。この人たちを花火の前、半日でも柳ケ瀬に
引き込めるといいのに。
花火は昔に比べて少し規模が小さくなった気もするけど、夏の夜を
十分に楽しむことが出来ました。

リンク: 中日新聞:第52回全国選抜長良川中日花火大会:中日新聞社から(CHUNICHI Web).1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン

エアコンをついに導入しましたよ。
リビングのエアコンが調子が悪くなってからしばらくエアコンなし生活を続けてきましてね。
寝る時はアイスノンを一つは枕にもう一つは抱えて、それでも汗だくで寝てたけど、
もう限界。今年の夏は超えられないと判断して、寝室にエアコンを入れることにしました。
窓エアコンだけどね。

近所のコジマ電気に見に行ったら結構安いのがあって、明日買いに来ようと思ってたら、
仕事でいけない日が続き、結局次に行った頃には何もなく取り寄せで1週間以上かかると
いう惨状でした・・。

Photo

リンク: フリー素材/写真のページ☆フリー素材デジタル写真館.

続きを読む "エアコン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇集団キャラメルボックス in 名鉄ホール

演劇集団キャラメルボックス 2008ハーフタイムシアター
「ハックルベリーにさよならを」「水平線の歩き方」

キャラメルボックスを見てきました。ここんとこ名古屋でよくやってくれるようになったので、非常にうれしい限り。やっぱり神戸まで行くの大変だもんなぁ。
いつもの前説がないまま始まって、アレっ?て感じだったけど、2本の作品の間でネタが切れるまで加藤さんの語りがあって、それだけでも十分楽しめました。
「水平線の歩き方」は短い時間の中で(ハーフタイムなので1時間)、主役だけでなく、それぞれの登場人物の思いや人生が良く描かれていて、いろいろ考えさせられることもあったりして非常に面白かった。
「ハックルベリー」の方は前、近鉄小劇場かどこかで見た記憶が出てきて、前みたなぁって考えているうちに終わってしまった感じがあって、ちょっと残念でした。

今度は西川くんが出てる作品を観たいな。

リンク: 演劇集団キャラメルボックス.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一青窈LIVE in 愛知県芸術劇場

一青窈 CONCERT TOUR 2008「Key~Talkie Doorkey」
愛知県芸術劇場・大ホールへ行ってきました。今回の席はこれまで一青LIVEで最もステージから離れてました。4階席の4列目。チケットを取った時は4階席ってどんだけ遠いんだろうって思ってました。でもさらに5階席もあるらしいですね。
でまあ、行かないのもなんだって行ってはみたんですが、そんなに悪くなかったです。確かにステージは遠いんですけど、音は良く、中央付近だったせいかステージもちゃんとみられました。

たまにはゆったりとLIVEをみるのも良いもんです。

リンク: 一青窈 OFFICIAL SITE.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹仲 絵里 in ダイアモンドホール

竹仲絵里 ワンマンライブツアー「苗と土と太陽と」
クラブ ダイアモンドホール

これまではギターで弾き語りというスタイルが多かったんですが、今回はバンド構成で全体の音も重厚感があって、そんなバックで聴く竹仲絵里さんの歌は非常に新鮮でした。なんだかメジャーというか、さらに売れそう(人気が出そう)な感じがひしひしと感じられるステージでした。よしもとに移ったのが良かったのか、そういう時期にたまたま突入したのかわかりませんが、将来がさらに楽しみになる非常に良いステージでした。

リンク: 竹仲 絵里 - YOSHIMOTO R and C CO.,LTD..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年8月 »